本文へスキップ

大学受験英語 センター英語・リスニング 定期テスト 補習 ニュートレジャー シリウス プログレス 新中学問題集 クラウンプラス浪人生・既卒生対象特訓 聞き方と解き方のコツ 勉強のやり方

センター英語リスニングHEADLINE

センター英語リスニング対策

センター英語リスニングが8割以上できなければ筆記で挽回は無理です。筆記が良くてもリスニングがだめなら合格点に届きません。筆記もリスニングも得点は得点です。筆記で9割はリスニングもうまくいって始めて活きてきます。原点は英語専門塾のとも英語塾府中では10〜26回の実戦形式のテストを行い、センター試験のリスニング力を強化します。センター試験のリスニングは他の科目と比較すると、平均点が低いことが毎年の傾向ですので、効果的な対策なしでは高得点を期待できず、結果として英語の筆記試験や他の受験科目の足を引っ張ります。

とも英語塾府中では通年で大学入試センター試験の英語リスニングテスト対策を行います。センター試験の出題形式に完全準拠したテキストを使用し、実戦形式のテストを最大26回行い、リスニング力を伸ばします。26回やる場合、受講期間の目安は週1回で約半年、週2回でおおむね3ヶ月です。

各回をプリパレーション(準備)とプラクティス(実践)とに分け、プリパレーションではリスニングにあたっての出題形式やそれに応じた解法を説明します。例えば、音声を聞く前に問題と選択肢に目を通しておくなど聞き取れなくても解答を推測する力を練成します。出題のねらい目とテストのポイントをうまく押さえるように指導し、「何を」「どのように」「どれくらい」やれば、リスニングの正答率が上がるのかを具体的に解説します。

プラクティスでは毎回30分のセンターリスニング完全準拠の実践テスト練習を通じて出題形式に慣れます。実際にテストの英語を聞き、問題を解きながら、それぞれの問題形式に応じた聞き方、解答の仕方を身につけます。その際、何が問われているのかを瞬時に理解し、そのポイントに応じた聞き方を知ること、そしてそれができるようになることを確認します。さらに、選択肢の種類の見分け方、効果的なメモの取り方、イラストのどこが問われているのかを見抜くなどのスキルを反復練習します。最終的には問題を見れば、条件反射的に聞き取り問題のポイントが頭に浮かび、安定的な得点力が身に付くようになります。

仕上げは自宅で問題文を徹底的にシャドーイング音読して英語を聞く「耳」と言葉に対する判断力と瞬発力を同時に鍛えます。シャドーイング音読は同時通訳者のトレーニングの王道で、続けていくと口語の文章展開の特徴が体に染み込み、ハイピッチ(会話の核となる言葉)を追いかけられるようになることは自身の経験からも言えます。さらに、この仕上げのシャドーイング音読トレーニングは、リスニングの力だけでなく、読解問題の速読力の向上につながっていくので、全体的な英語力の底上げする点からも必須です。

おおまかな内容は下記の各問題とその解法を解説していきます。

@対話ビジュアル型問題
A対話応答型補充問題
B対話質問型内容選択問題
C対話イラスト型図表完成問題
D状況説明型内容選択問題
E状況説明型内容選択問題
F講義型内容選択問題

TOEFLやIELTSに比べて、センター試験のリスニング問題は基本的で、特に難しくはないです。しかしながら、志望校合格につながる高得点を取るには、問題形式による得意・不得意をなくし、どの形式の出題でも失点をしない力をつけなければなりません。様々な形式のリスニング問題の練習を通じて、センター試験で安定的に高得点が狙えるリスニング力を養成します。受講者全員にセンター試験リスニングと同形式の自宅学習用CDを配布し、自宅でのシャドーイング音読と間違えのまとめを次回までの宿題としています。原点は英語専門塾のとも英語塾府中は志望校合格を目指しているみなさんにリスニングでお力にならせていただいています。