本文へスキップ

大人のやりなおし英語と英会話 TOEICなら とも英語塾府中 「何を」「どのように」「どれくらい」やればいいかていねいに指導します!(通訳・翻訳事務所併設)

大人の英語HEADLINE

大人の英語(平日・昼間)の簡単なご案内

大人の英語イメージ

大人の中学・高校英文法復習
社会人のやり直し・学び直し英語・英会話レッスン
個人指導月謝11000円(60分授業・平日・昼間)
年間教材費・施設費6000円
日程は平日昼間の時間帯で応相談

グループレッスン月謝10000円(80分授業・平日・昼間)
年間教材費・施設費6000円
日程は平日昼間の時間帯で応相談(2名より開講しますのでお問い合わせ下さい)

中級者のレッスンの流れは下記の通りです。
前回のスキットの音読→復習問題を解いて定着確認→前回のノートの振り返り→今回のスキットの視聴→スキットの内容・文法・表現・語法・語彙の解説→スキットの音読→取り上げた文化をテーマに英会話→前回の英作文の音読して振り返り→今回の英作文→英作文を添削→英作文を音読→前回のリーディングをワードチェックして振り返り→前回と今回のリーディングを音読→リーディングの内容・文法・表現・語法・語彙の解説→リーディングの音読→質問とまとめ→宿題およびテスト(希望者のみ)のアサイン→次回の日程の確認→終了

中級者のレッスンの内容は下記の教材で文法、語法、表現、話法、発音を身に付けながら、基礎からやり直していきます。
  • NHK英会話100語でスタート(イギリス編)
  • NHK英会話海外旅行のとっさのひとこと(ハワイ編・サンフランシスコ編)
  • 英会話瞬発トレーニング
  • 中学生の5文型英作文ノート
  • Aloha Kanani
  • Animal Rescue Club
  • Magic Tree House
  • Goose Bumps
  • Student Times(英字新聞で時事英語)
レッスンの形態は下記の通りです。
60分の個人指導(生徒さん1人に先生1人)か80分の集団指導(生徒さん2人以上に先生1人)。日程は平日の昼間の時間帯で応相談。

大人の英語(平日・昼間)の詳しいご案内

さらに詳しくご説明すると下記の通りです。
このクラスは、英語をもう一度じっくりと、ときにはゆるーく基礎からやり直したいと思っている「大人」のためのクラスです。中学・高校6年間以上も英語をやったのに、外人と話すとき、言いたいことの半分どころか、1割もやっとというのはなぜなのか?在学当時は英語学習にしっかり取り組んだが、現在ほとんど忘れている方が英会話スクールやサークルに通ったものの、上達しないまま1年2年とだらだら時が過ぎていき、ここらでなんとかしなければという話はよく聞きます。同様に、これをやれば効果絶大と歌っている英語教材や勉強法に次々と手を出したものの、期待したほどの会話力は得られないまま、飽きてしまうこともよくあります。

話すだけの英会話練習はもう古く、今の時代に合っていません。話せるようにならない原因のほとんどは中学英語の復習と完成が不十分で、覚えている基本フレーズもごくわずか、インプット中心でアウトプットしていない、聞き取る力が不足、ボキャブラリーが乏しい、発音違い、英語をチェックするのコーチが周りにいない、リズム良くしゃべれない、感情が入ってない、学習に強制力がない、毎日やらない、加えて決定的に英文法の知識の欠如です。

文法、作文、読解が不十分な日本人が、総合力の英会話を伸ばすのは時間がかかり、とても苦労します。英会話スクールではネイティブ講師がレッスンをしますが、その際の会話中心練習だけではうまくなりません。英会話スクールやカフェでネイティブと聞き取り中心で話しているだけでも上達しません。英会話サークルの練習会でトピックの進行にはついていけるが、自分の番が来ると一言二言の発言に終始していては習熟はまだまだです。

英会話は基礎的な英語力と論理的思考を身に付けた上で成立するので、いきなり会話だけできるようにするのは時間を浪費し、返って遠回りです。基礎学力がなければ英会話力が思うようにつかないのはそこに密接な関連があるからです。

英語を話す外国人は日々必要としているから、読み物やテレビを通して得た知識を知的な会話につなぐのであり、日々必要としていない日本人が英語を習得するには、会話の練習だけでなく作文、読解、リスニング、語彙などを総合的に練成する必要があります。では練習方法は何が一番かとなると、それぞれの人がこれがいい、あれがいいと言いますが、実際は正直似たりよったりです。いつの時代もびっくりするような宣伝文句で教材を紹介して、英語学習者を振り回す人がいますが、今までもそしてこれからも、正攻法で地道に努力している人が必ず成功します。

一番の練習方法はあなたの周りにいる英語が一番上手い日本人に、どんな練習をして話せるようになったのか聞いて、しばらくその通りにやってみることです。これはモデリングといってビジネスの世界に限らず、いろんな世界での成功者を詳細に分析して、その足どりを忠実にたどって自分が成功していく方法です。その通りやればその人と同じか、努力次第でそれ以上になれるという理屈です。すなわち、ネイティブ講師はこれをやりなさいとか、あれをやったらいいよとは言うかもしれないが、実際にそれでどれほどの効果が自分にあったかは決して言えないからです。なぜなら、彼らは父母や学校や友達とのかかわり合いの中で、特に意識することなく上達したのであり、会話の練習といった想定は、主に舞台芸術学部の俳優志望の学生を除いてはほとんどしないからです。ネイティブ講師が日本人学習者の目線に立った指導ができないのは、ごく当たり前のことです。とも英語塾府中には日本人が実際にやってみて、まずまずしゃべれるようになったので、これをやってくださいという英字新聞を組み合わせた練習方法があります。

インプットばかりでアウトプットしていないのも問題があります。なまりやアクセントの違いや日本語英語なんて一切気にせず、思っていることを片っ端から口に出すのは抵抗があるかもしれません。でもここを乗り越えていくことは英語習得上欠かせません。何か文法的に正確でなければ、恥ずかしくて、話してはいけないということはなくて、私たち日本人が日本語を間違えて使っていたりするように、ネイティブもけっこうでたらめだったりします。ので、今から間違えながら少しずつ直していくんだと頭を切り替えてください。言葉の勉強なのでそのほうが上達は早いです。間違いをしないできちんと話せなければ、言わないのではなく、「間違いをたくさんしながら上手くなっていくんだ」と頭を切り替えることが上達の鍵です。

インプットしたものを自由自在にアウトプットするには、ひとつのフレーズをマスターしたら、知ってる言葉を使い、いろんなパターンで、たくさん組み合わせ音読して、意識しなくても口から出るようにします。復習の柱は音読で、学習時間全体の5割を音読することが目標です。理想的には30分は読解で、30分はそれを音読することを毎日休まないで、3〜5年間やることです。

音読は日本人が英語力を上げる上で最大の効果があります。とも英語塾では読解と合わせて音読をしっかりやっていきます。音読が全般的な英語能力と比例することはもちろん、外人と話す度胸も自信も付きます。音読する習慣がつけば、感情豊かに話せるようになって、通じる英語を話せる素地ができてきます。ただし、多様な方法で大量に行う必要があります。多様音読・大量音読では文法やボキャブラリーを身に付け、長い文章でも速く読め、内容をさらりと理解し、リスニングから発話までの処理能力とスピードを上げていくことができます。

とも英語塾府中では音読練習を中心に、文法、構文、発音、ボキャブラリー、リスニングをバランスよく鍛えていきます。ご希望により、個人指導でも受け付けております。対象は英語を学びたいとお考えのすべての大人の方です。正しい音に慣れ、その音を忠実にリピートし、英文と日本文の構造的な違いを理解し、言葉を追いかけるのではなく、自分が言葉を発する主体となって、感情を込めて話せるようにすることが、この「やり直し学び直し英語・英会話」授業の趣旨です。

上手にしゃべれる会話力がいつも重視されますが、メールや書類などの相手の文章をきちんと読める読解力や、スタイルに応じて、適切に書いてお返事できる英作力も有効なコミュニケーション能力です。本の中の英語と話し言葉の英語は違うからとか、書き言葉の英語と話し言葉の英語は違うから、いくら読んでも書いても会話力は付かないよというのは、極めて無理のある考え方です。実際、読解や英作文の指導というのは生徒さんがどこまで理解していて、どこが足りないのかということを踏まえて、既習事項を振り返りながら、補完していく必要がありますが、会話重視のレッスンではたいていここはしません。さらりと読めて、意味を取れて、相応のスタイルで書けるという総合力は必ず会話力向上に繋がります。

TOEICの指導は希望に応じてお力になります。留学・移住・通訳その他の英語に関する希望にもきめ細かく対応し、あなたの英語でのキャリアアップをお手伝いいたします。

不明点がありましたら、メールは24時間対応しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。駐車場(前日までに要予約)は一台分ありますので、どうぞご利用ください。これを機会に英語をやり直しましょう!

TOEICの全般的な心構えはこちらでご紹介しています。